社員を知る:原田健 2009年入社 横浜支店支店長

01:会社のビジョンが非常に明確であり、社員を大切にする部分に非常に魅力を感じた

私は、前職でも不動産の仕事をしており、三和アイシスは前職の取引企業の一つでした。その中で惹かれた理由として、経営陣が考える会社のビジョンが非常に明確であり、また会社の大切な人財として社員一人一人と接している部分に非常に魅力を感じました。発展途上のこの会社で、自分の前職で培った知識やノウハウが活かされ、更なる成長を一緒に感じていけるのではないかと思い入社を決意致しました。一人一人を大切にする会社だからこそ、個々の力は大きく、中小企業ならではの良さというものを入社後は非常に実感致しました。仕事に対し全ての社員が責任を持って取りくんでいる、そんな生き生きとした職場で、今後更なる挑戦をしていけるのが非常に楽しみです。

02:中期的に物事を捉え、チーム内で最終目標を同じすれば必ず達成出来る事を経験

成長では無いかもしれませんが、今までの経験を生かし目の前の事ばかりではなく、1年後、2年後、4年後と中期的に物事を捉え、それを達成するためにどうするかを考え、同じチームへ説明し、情報共有し、やる事が違っても最終目標を同じにすれば必ず達成出来る事を経験させて頂きました。人数は少なかったですが、最重要課題の売り上げについては2年連続で全員目標を大幅達成で非常に満足できる結果を残すことが出来ました。

03:2014年に開設した横浜支店。4年計画で目標をつくりそれに向かって動き始めてます。

横浜支店は2014年7月に開設し、4年間の目標をつくりそれに向かって動き始めてます。1年目は種まきで自分たちの顧客の新規開拓と社員教育、2年に芽が出始めて、3年目で成長を加速させ、4年目で大きく綺麗な花を咲かせるという、現在はこの計画のゴールをきちんと達成する事が目標です。同時に個々の営業マンが仲介業務・法人営業などの部分で強くなり、結果高収益体質の支店になっていることが目標です。

原田健の写真:1 原田健の写真:2 原田健の写真:3