社員を知る:黒木理恵 2013年入社 大阪本社営業部

01:接客業の仕事からステップアップしたいと思い転職。独学で勉強していた宅建を生かす職場へ

接客業の仕事を7年ほど経験し、ステップアップしたいと思い、転職を考えるようになりました。また、法律にも興味がありましたので、宅建の勉強を独学で始めました。
地元(佐賀)では経験できないことを、大阪で挑戦したいと考えていた頃、前職でお世話になった先輩より、「不動産業界に興味があるなら」と声をかけていただきました。はじめは、地元を離れての新生活や、初めての仲介・営業の仕事を上手くやっていけるか不安もありましたが、社内の雰囲気や、勤務内容、条件等の話を実際に働く先輩から聞くことできましたので、不安な気持ちがなくなり、『挑戦したい!頑張りたい!』と思う気持ちが強くなりました。
今までの職場は同世代の女性が多かったので、入社当時は男性社員が多い環境に馴染めるのか少し不安でしたが、常に優しく声をかけてくださり、質問がしやすい環境で仕事を覚えることが出来ました。
大阪での生活が楽しく過ごせているのは、先輩の皆さんのおかげだと、地元の友人や家族によく話しています。

02:入社半年でトラブル発生!相手側の事情を考えてない行動をしていたことに気づく

入社当時は、仲介という仕事を全く理解出来ていなかったと思います。
入社して半年ほどで、私はトラブルを起こしました。原因は、私が仲介としての仕事がきちんと出来ていなかったことでした。 お客様の希望内容を、相手側に押し付けるようなお願いの仕方をしていました。相手の方からは、「なぜ自分ばかりがお願いを聞かなければならないのか」とご指摘を受けました。
はじめにお願いする段階で、どういった理由からこのようなお願いをしているのか、ときちんと説明が出来ていれば、相手の方にもご理解いただける内容でした。相手側の事情を考えていない行動をしていたことに気づき、反省し、自分の行動や考え方を改めました。
それからは、説明の仕方を工夫し、希望する理由を必ず確認し、相手の方に伝えることで、少しずつ改善できたように感じています。

03:常にお客様に合ったベストなご提案ができるように、知識と経験を増やしていきたい

『仲介』という立場で関わっていく皆様に、『安心感』と『感動』を与えることが出来るような存在になりたいです。ご転勤される社員様の不安や負担を少しでも軽減できるようなお手伝いができること、企業のご担当者様には安心してご依頼・ご相談いただけるような営業マンになること。
常にお客様に合ったベストなご提案ができるように知識と経験を増やしていきたいです。
「お客様のことを考えて行動していれば、自然と結果に繋がるよ」という先輩の言葉を忘れずに、常に相手の立場や心境を考えて頑張っていきたいと思います。

黒木理恵の写真:1 黒木理恵の写真:2 黒木理恵の写真:3黒木理恵の写真:4